問題演習・テストを大切に。


こんにちは!塾長の米田です。


本日で小部中学校はテスト1週間前です。


テスト1週間前にはテスト範囲が書かれた用紙が配られ、

ワークなどの課題提出の内容も書かれています。


是非親子で確認してみてください。


今週末テスト対策講座ご参加いただきありがとうざいます。

今回のブログのテーマは題名の通りです。



これまで指導してきた生徒の中でも、

塾に通っていても成績が上がらない生徒にはある特徴があります。



それは、『問題演習、テストをしない』生徒です。



ノートに教科書の内容をまとめることや

教科書を読んでいるだけになっていないでしょうか。



大切なことは問題演習・テストを意識した

暗記をすることです。



親御様に協力いただきたいこと


間違うことを叱らずに、見守っていただきたいのです。


なぜかというと、テストや問題演習を嫌がる生徒になるからです。

間違うことを責めると、間違うことがダメなことであると考えてしまいます。


勉強とは、間違いを正解に変えることです。

間違いを責めることはせずに、伸び代があることを伝えてください。


テストが悪かった場合には、『わからないままテストを受けたんだね。次回はテストの前に塾で教えてもらおうか。』や『何がわからなかった?一緒に考えようか。次回のテストの前にはどこがわからないか教えてね。』


私も塾でテストする時には、間違うことを肯定的に捉えてもらい、

ポジティブに勉強が必要なことを促しています。

『テスト前にわかってよかったやん!』

『勉強はできているから、点数に繋がるまではもう少し勉強が必要だね。』

『次回のテストでわからないところや不安なところはある?』

このような声をかけます。


どんな生徒でもできないことをできるようにしていけば成績が上がります。

しかし、できないところがわからなければ、成績を上げることはできません。


つまり、できているか、できていないかを確認するためには、

問題演習やテストをするしかないということです。


そのテストや成果で判断するのではなく、

できたことは認めて、できなかったことは、

どうすればできるようになるのかを一緒に考えたいですね。


【6月5名限定1ヶ月無料体験募集開始】

0コメント

  • 1000 / 1000